トップ > 家庭用製品 > 住まいのおそうじ・お手入れ > キッチン用 > ウルトラハードクリーナー 油汚れ用
  • 住まいのおそうじ・お手入れ
  • キッチン用

ウルトラハードクリーナー 油汚れ用

プロが認めた「油汚れ用」超強力洗剤
今までは諦めていた強烈な油汚れも徹底除去します!

  • ウルトラハードクリーナー 油汚れ用

    700mL

オンラインショップ

  • ピカピカショップ本店で購入
  • 楽天ショップで購入

ブランドサイト

  • ウルトラハードクリーナーシリーズブランドサイト

CM動画

特長

プロが認めたウルトラハードクリーナー 油汚れ用

プロ推奨

ビルメンテナンスというプロの厳しい現場で70年かけて培った業務用ノウハウと技術を結集することで実現した究極の洗浄力。

強力アルカリWパワー処方

水酸化ナトリウムと水酸化カリウムという超強力なアルカリ剤をダブルで配合。
今までは諦めていた「ドロドロ」、「ギトギト」、「カチカチ」といった固着・堆積した強烈な油汚れ、さらにはコゲまで徹底的に除去します。

Wパワーで油汚れを分解!

使いやすさも追求

超強力でありながら低臭タイプ、かつ除菌も可能。
ガスコンロや魚焼きグリル、換気扇はじめ、キッチン周りの油汚れはコレ一本で全てOK。

タップリ使える大容量サイズ

700mLという大容量サイズなので残りを気にせずタップリ使えて経済的!

製品概要

ウルトラハードクリーナー 油汚れ用
品名 油汚れ用洗浄剤
液性 アルカリ性
成分 水酸化ナトリウム(2.5%)、水酸化カリウム(0.8%)、界面活性剤(アルキルベタイン)、溶剤(グリコールエーテル)
正味量 700mL
使用量の目安 1m2あたり約12回噴射
関連資料 SDS

用途・使えないもの

用途

ガスコンロ、魚焼きグリル、ステンレス製品(シンク、調理台等)、フライヤー、レンジ、換気扇(モーター部分を除く)、グリスフィルター、ダクト、レンジまわりの壁(ステンレス、磁器タイル等)、床(ビニール製の床、磁器タイル等)等に付着した油汚れの洗浄、コゲの除去

使えないもの

アルミ・銅・銀・真ちゅう・スズ製品、亜鉛メッキ製品、ガラス製品(窓ガラス、鏡、IHヒーターのガラストップ部位等)、水がしみ込む物(木製床、フローリング床、白木、畳、カーペット、しっくい壁、多孔質壁等)、その他(ニスやペンキ塗装部位、自動車、家具、食器類、ホーロー、ワックスが塗ってある床等)

使い方

※ガス器具に使用する時は、必ず火を消し元栓を閉めてください。
必ず保護具(保護メガネ、炊事用手袋等)を着用してください。

  1. ノズル先端部をまわし「出」をきちんと中央にあわせます(ノズル部を操作する時は顔に向けない)。
  2. 汚れから約15cmほど離して直接スプレーした後、布やキッチンペーパー等で拭き取り、充分に水洗いか水拭きをします。液がスプレー口を伝って容器にたれてきた場合は、布等で容器の底を押さえながら使用してください。
    ※ひどい汚れには同じ作業を繰り返してください。
    ※目より高い所には直接スプレーせず、布等にしみ込ませてから拭いてください。
    ※塗装面やフッ素コートは、油や熱等で傷んでいるとハガレや変色のおそれがあるので、必ず目立たない所で試してからお使いください。
  3. 使用後はスプレー口に残った液および容器にたれてきた液を水で洗うか布等で拭き取り、必ずノズル先端部を「止」に戻してください。

使用上の注意

  • 用途外に使わない
  • 必ず保護具(保護メガネ、炊事用手袋等)を着用する
  • 子供の手の届く所に置かない
  • 先端部が「止」のままスプレーしない。「出」にした時、液が飛び出ることがある
  • 換気をよくして使う
  • 目より高い所で使用する時は布等にしみ込ませてから拭く
  • 換気扇のモーター部分やコンセント等の電気部品には使わない
  • 使用後は手をよく洗い、手あれが気になる場合はクリーム等でお手入れをする
  • 人に向けてスプレーしない
  • 色落ち、シミ、ハガレ等の心配のあるものは必ず目立たない所で試してから使う
  • 洗剤成分に対してアレルギー体質の方は使用を避ける
  • 凍結するおそれがある場所や直射日光の当たる所、火気の近く、40℃以上の高温になる所には保管しない
  • 食物が直接触れる場所に使用した場合は、お湯または水で充分にすすぐ

応急処置

  • 目に入った場合は目を傷めることがあるので、すぐに流水で15分以上洗い流し、必ず眼科医の診察を受ける
  • 飲み込んだ場合は吐かせずに口をすすぎ、水か牛乳を飲ませる等の処置をして、すぐに医師の診察を受ける
  • 皮ふに付いた場合はすぐに充分な水で洗い流す等の処置をして、異常があれば皮ふ科医の診察を受ける
  • 使用中気分が悪くなった場合は、直ちに使用を中止し、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合は医師の診察を受ける

※いずれも受診時は本品を持参する

ページトップへ戻る
製品ナビ