トップ > 家庭用製品 > 住まいのおそうじ・お手入れ > リビング用 > ウルトラオレンジクリーナー
  • 住まいのおそうじ・お手入れ
  • リビング用

ウルトラオレンジクリーナー

天然由来成分98%、だけどプロ推奨の圧倒的な洗浄力!
落とせなかった家じゅうの汚れを一掃する、オレンジオイル配合の万能洗剤

  • ウルトラオレンジクリーナー

    700mL

オンラインショップ

  • ピカピカショップ本店で購入
  • 楽天ショップで購入

ブランドサイト

  • ウルトラハードクリーナーシリーズブランドサイト

CM動画

特長

掃除のプロが認めた、圧倒的な洗浄力

ビルメンテナンスというプロの厳しい現場で70年かけて培った業務用ノウハウと技術を結集することで実現。

・コンロのコゲ付き

・魚焼きグリルのギトギト油汚れ

・キッチンシンクの油と水アカの複合汚れ

・洗面所の黒ズミ

・ビニール壁紙の手アカ

・浴室蛇口の石けんカス

汚れ落ちのメカニズム

たっぷりと配合した高純度オレンジオイルが油を溶解するため、特に油汚れ・コゲの除去には洗浄力を発揮。

オレンジパワーで汚れを溶解

一方、水アカ・石けんカス等も天然由来の強力キレート剤・界面活性剤が作用して、汚れをしっかりと分解・除去します。

キレート剤が汚れを強力分解

天然由来成分98%、かつ環境にやさしい

有効成分の98%以上が天然由来成分。また、生分解性が高い原料(易生分解性の原料)を選定しているため、
微生物によって二酸化炭素と水にすばやく分解され、地球に還ります。

幅広い使用用途

換気扇、ガスコンロ、浴室、洗面台、ビニール壁紙、家電の外まわり等、使用用途は家じゅう!
油汚れやコゲ付き、黒ズミ、アカ汚れ等、多目的に使えます。

詳しい使用用途はこちら

タップリ使える大容量サイズ

700mLという大容量サイズなので残りを気にせずタップリ使えて経済的!

製品概要

ウルトラオレンジクリーナー
品名 住居用合成洗剤
液性 アルカリ性
成分 界面活性剤(3%ヤシアルキルアミンオキシド)、アルカリ剤、溶剤、オレンジオイル、金属封鎖剤
正味量 700mL
使用量の目安 1m2あたり約12回噴射
関連資料 SDS

用途・使えないところ

用途

キッチンまわりのガンコな汚れに ガスコンロ、魚焼きグリル、ステンレス製品(シンク、調理台等)、レンジ、換気扇(モーター部分を除く)、ダクト、レンジまわりの壁(ステンレス、磁器タイル等)、床(ビニール製の床、フローリング、磁器タイル等)等に付着した油汚れの洗浄、コゲの除去
日常の汚れに ビニール壁紙、ガラス、家電製品の外まわり(エアコン、冷蔵庫、照明器具、スイッチまわり等)、陶磁器製品(床・壁タイル、洗面台、便器等)、浴室内(浴そう、床、壁、イス、洗面器等)、ステンレス・スチール製品、石材(テラゾー、 御影石等)、鏡等の洗浄
衣類の汚れに 衣類(Yシャツ、作業着等)の皮脂、黒ずみ汚れの洗浄

使えないところ

無塗装の木製品(白木、柱等)、ワックスが塗ってある床、畳、カーペット、水拭きできない家具、水性塗装面、漆・ニス・ペンキ塗装面、食品、食器、しっくい壁、白壁、布壁、すりガラス、大理石、液晶・プラズマディスプレイ、アルミ・銅・銀・真ちゅう製品、亜鉛メッキ製品(装飾品等)、皮革製品(ソファー等)、毛・絹等動物繊維製品

使い方

  1. ノズル先端部をまわし「出」をきちんと中央にあわせます(ノズル部を操作する時は顔に向けない)。
  2. 汚れから約15cmほど離して直接スプレーした後、きれいな布等で拭き取り、液が残らないように充分に水洗いか水拭きをします。
    液がスプレー口を伝って容器にたれてきた場合は、布等で容器の底を押さえながら使用してください。
    ※ひどい汚れには同じ作業を繰り返してください。
    ※目より高い所や家電製品には直接スプレーせず、布等にしみ込ませてから拭いてください。
    ※傷んだ材質や塗装面等はハガレや変色のおそれがあるので、必ず目立たない所で試してからお使いください。
    ※衣類(Yシャツ、作業着等)に使う場合は、汚れに直接スプレーしてもみ洗いした後、充分に水ですすいでから洗濯してください。
  3. 使用後はスプレー口に残った液および容器にたれてきた液を水で洗うか布等で拭き取り、必ずノズル先端部を「止」に戻してください。

使用上の注意

  • 用途外に使わない
  • 保護具(保護メガネ、炊事手袋等)を着用する
  • 子供の手の届く所に置かない
  • 先端部が「止」のままスプレーしない。「出」にした時、液が飛び出ることがある
  • 換気をよくして使う
  • 目より高い所で使用する時は布等にしみ込ませてから拭く
  • 使用後は手をよく洗い、手あれが気になる場合はクリーム等でお手入れをする
  • 人に向けてスプレーしない
  • ハガレ、シミ、変色等の心配があるものは必ず目立たない所で試してから使う
  • 洗剤成分に対してアレルギー体質の方は使用を避ける
  • 凍結するおそれのある場所や直射日光の当たる所、火気の近く、40℃以上の高温になる所には保管しない

応急処置

  • 目に入った場合は目を傷めることがあるので、すぐに流水で15分以上洗い流し、必ず眼科医の診察を受ける
  • 飲み込んだ場合は吐かせずに口をすすぎ、水か牛乳を飲ませる等の処置をして、すぐに医師の診察を受ける
  • 皮ふに付いた場合はすぐに充分な水で洗い流す等の処置をして、異常があれば皮ふ科医の診察を受ける
  • 使用中気分が悪くなった場合は、直ちに使用を中止し、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合は医師の診察を受ける

※いずれも受診時は本品を持参する

ページトップへ戻る
製品ナビ