トップ > 自動車用製品 > ボディクリーナー > コンパウンド > Pro MiraX スリキズ キズ消しコンパウンド
  • ボディクリーナー
  • コンパウンド

Pro MiraX スリキズ キズ消しコンパウンド

ひっかきキズ、スリキズをより確実に、安全に消したい方におすすめします。細目、超極細の2液タイプ。

  • Pro MiraX スリキズ キズ消しコンパウンド

    細目:100g 超極細:95g

オンラインショップ

  • ピカピカショップ本店で購入
  • 楽天ショップで購入

特長

プロの仕上がり

失敗しない 確実な2ステップ キズ消し

 従来の「スリキズ消し剤」のような1ステップ作業では、スリキズはきれいに消すことができません(当社実験データによる)。

 1ステップで、深めのキズを浅くし
 2ステップで、キズをきれいに消して元の塗装色を復元!
●ワックス・コート剤の前処理、水アカ落としにも使用可能(超極細)。
●ポリッシャーを用いるとより良い仕上がりになります。

こんなキズにお使いください!

ひっかきキズ・スリキズ
ドア取っ手部の深いキズ
カギ穴周辺の深いキズ
バンパーに付いた深いキズ
ドアミラーカバーに付いた深いキズ
木枝等で付いたひっかきキズ
猫の爪跡
バンパー等に付いた頑固な虫汚れ
強力な水アカ、樹液の跡
雨で出来た輪ジミ等を落としたい時にもお使い下さい。

製品概要

Pro MiraX スリキズ キズ消しコンパウンド
名称 自動車外装用コンパウンド
用途・塗装塗色 塗装のキズ消しおよび汚れ取り
全塗装色対応(白色~濃色のパール、マイカ、メタリック及びソリッド塗装)
成分・含有量 細目:研磨剤、石油系溶剤(約25%)、乳化剤
超極細:研磨剤、石油系溶剤(約40%)、乳化剤
形式 液体
内容量 細目:100g 超極細:95g

使い方

  1. 洗車をしてキズの原因となるホコリを除去し、水を拭き取る(細目使用後の仕上げの際は必要ありません)。
  2. ボトルをよく振る。
  3. 細目で処理の場合:付属の専用タオルに液を適量取り、キズに対して直角に直線的に磨く。
    超極細で処理の場合:付属の専用タオル(細目の塗布に使用した専用タオルは共用しない)に液を適量取り、縦横直線的に磨く。
  4. 乾燥する前にやわらかいきれいなタオルで拭き取る(拭き取りには市販のマイクロファイバークロスをお勧めします)。拭き取りの際も細目、超極細でタオル(マイクロファイバークロス)は共用しない。
  5. 元のキズが消えるまで2~4の作業を繰り返す(磨き過ぎに注意)。
    ※ワックス・コート剤またはProMirax鏡面仕上げ磨きコンパウンドを用いて仕上げることをお勧めします。
    ※キズの程度によっては消せない場合があります。

使用上の注意

  • 用途以外には使用しない
  • 細目だけではきれいに仕上がらないので、超極細で充分に仕上げる
  • 磨き過ぎると下地が出ることがあるので注意する。特にボディーの角等は塗装が薄いので注意する
  • 乾燥させ過ぎると拭き取りにくくなることがある
  • 再塗装や劣化した塗装、特殊な塗装仕上げ(ツヤ消し、シボ、ゆず肌仕上げ、自己修復塗装等)には使用しない
  • 未塗装部分、メッキ部分には使用しない

警告・一般注意

  • 吸入飲用不可:人体に有害なので吸い込まない
  • 飲み込まない
  • 保護手袋等を使用する
  • 子供の手の届かない所に置く

応急処置

  • 万一飲み込んだ場合、はきださせないで、直ちに医師の診察を受ける
  • 目に入ったり、顔等に付着した場合、こすらず直ちに清水で充分洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける
  • 使用中に気分が悪くなった場合、直ちに使用を中止し、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合、医師の診察を受ける

保管及び廃棄方法

  • 保管の際は、キャップをしっかりしめボトルは立てて置く。直射日光が当たる所、温度が40℃以上となる所、夏期の車内、水・湿気の多い所、凍結する所には置かない
  • 廃棄の際は、中身を使い切ってから捨てる
ページトップへ戻る
製品ナビ