トップ > 自動車用製品 > ワックス・コーティング > コーティング剤 > 超艶Gガード
  • ワックス・コーティング
  • コーティング剤

超艶Gガード

ガラス系ポリマーがボディに密着
硬い被膜で水アカ・汚れからガード!

  • 超艶Gガード

    200mL

ワックス性能表

ツヤ
耐久性
クリーナー性
撥水性
作業性

オンラインショップ

  • ピカピカショップ本店で購入
  • 楽天ショップで購入

特長

ガラス【SiO2】と同組成の「超微粒子ナノパウダー」+「反応性レジン」配合!

より硬く強い透明被膜を形成し、雨・水アカからがっちりガードします。

透明感のある高光沢な仕上がりで、被膜持続性は12ヶ月!

鏡面仕上げクロスで塗りこむだけで、面倒な拭き取りは不要!

製品概要

超艶Gガード
名称 自動車用つや出しコーティング剤
用途・塗装塗色 塗装の保護及びつや出し
淡色、濃色のパール、マイカ、メタリック及びソリッド塗装
成分・含有量 撥水剤、反応性レジン、ガラス系成分、シリコーン
形式 液体
内容量 200mL

使い方

  1. 洗車をしてキズの原因となる砂・ホコリを除去し、水をふき取る。
    ※本製品はクリーナー成分を含まないので、水アカ除去、鉄粉除去、コンパウンド等で下地処理を行なうことを推奨します。
  2. 使用前にボトルをよく振る。
  3. ボディにスプレーし、付属のクロスで乾燥する前に塗りあとがなくなりツヤが出るまで塗りこむ(使用量目安:50cm×50cmに8~10回スプレー)。
    ※本製品は乾燥と同時に被膜を形成します。液滴やふきスジが残っている状態で乾燥すると、ムラの原因となりますので注意してください。
  4. 大きな面積を一度に施工すると液が乾いてムラの原因となるので、ボンネット1/3~1/4程度の面積ずつ処理する。
    ※クロスが湿っていると仕上げにくくなるので、クロスに液が馴染んできたら液量を加減したり、クロスの使用面を適時かえて使用してください。
    ※ムラ等の仕上がり不良が発生した場合は、再度本液をスプレーして仕上げてください。修正できない場合はコンパウンドで被膜を除去してから再施工してください。
    ※施工後、30分間は水との接触を避けてください。
    ※重ね塗りをする場合は2~3時間の間隔をあけてください。
  5. 使用後は噴射口がつまらないようボトルを逆さにして液が出なくなるまでスプレーし、噴射口をよくふいてからキャップをして保管する。
  6. クロスは使用後、中性洗剤で洗い、乾燥させてから保管する。

使用上の注意

  • 用途以外には使用しない
  • 換気のよい所で使用する
  • 風の強い時や砂・ホコリの多い所では使用しない。また、容器をボディの上に置かない
  • 未塗装の樹脂、ゴム、ガラス、レザー、等には使用しない。付着した場合には、直ちにこずらずにふき取る
  • 劣化した塗装や他のコーティング施工車には使用しない(色落ちやシミ等の原因になることがある)
  • 輸入車や再塗装部分に使用する場合は目立たない所で試し、問題がないことを確認してから使用する
  • シミになるので、衣服につけない
  • 炎天下やボディ等が熱い時には使用しない
  • 強くこすり過ぎると、塗装を傷めることがある
  • 使用後はキャップをしっかり閉め、石けんと水で手をよく洗う

警告・一般注意

  • 吸入飲用不可:人体に害があるので吸い込んだり、飲み込んだりしない
  • 保護手袋等を使用する
  • 子供の手の届かない所に置く
  • 人に向けてスプレーしない

応急処置

  • 万一飲み込んだ場合、はきださせないで、直ちに医師の診察を受ける
  • 誤って目に入ったり、顔等に付着した場合、こすらず直ちに清水で充分洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける
  • 皮膚に付着した場合、石けんで充分に洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける
  • 使用中に気分が悪くなった場合、直ちに使用を中止し、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合には、医師の診察を受ける

保管及び廃棄方法

  • 保管の際はフタをしっかり閉め、直射日光が当たる所、温度が40℃以上となる所、夏期の車内、水・湿気の多い所、凍結する所に置かない
  • 廃棄の際は中身を使い切ってから捨てる
ページトップへ戻る
製品ナビ