トップ > 新着情報 >2017年> リンレイアワード

リンレイアワード

リンレイアワードとは

「日本のキレイ」をテーマにした短編小説公募プロジェクトです。
優秀作品は毎月当ページにて全文を公開いたします。詳細はこちら

NEW8月期優秀作品

『家族会議と魔法の書』日根野 通

昭和の匂いを残す古い家に一人の女がやってくる。かつてこの家で育った男の妻となり、新居に選んだこの家を掃除すべく、女はやってきた。その様子を伺い、彼女を見定める「家族」達。女は祖母から受け継いだ本を使って、掃除を始める。「掃除は儀式である」その言葉の意味を考え、感じとりながら、女はキレイで家を蘇らせ、「家族」に認められていく。

この作品の全文を読む

『みがきあいっこ』伊達巻チカ

長年『みがきあいっこ』競技で良好な関係を保ってきた2つの王国は、初めて断絶の危機に直面する。平和を愛する若きハート王子は、ほんとうに磨きあうべきものは他にあったのだ、と『みがきあいっこ』に先人たちが込めていた真の意味に気づき、両国の未来のために立ち上がる・・・。

この作品の全文を読む

『遠のいた幸せは』岸田奈歩

散らかった部屋で化粧も落とさず寝る琴子の生活は荒れ果てていた。結婚するつもりだった彼にフラれ何もかもがどうでもよくなり、自分から幸せが遠のいていると思っている。休日に母から祖母の家の掃除をするよう強制され、昔ながらの掃除をしながら祖母と過ごすことで琴子の心に変化が起きていく。

この作品の全文を読む

『開かずの窓』星日ト奏

フリーランスのフォトグラファー青木なみの暮らすマンションの管理人、滝川はいつも周辺をキレイに保ってくれている。ある日、ふとしたきっかけで会話すると、実は滝川もかつて写真を撮っていたという。後日、自身の作品を手渡したなみに、滝川が粋なお礼をする。

この作品の全文を読む

『どこかの誰か』室市雅則

全てを諦めると、足が南へと向いた。
降り立ったのはJR西日本最南端の駅。
駅舎もない駅の周りにあるのは畑と海。
御誂え向きだと海へと足を進める。

この作品の全文を読む

『箸休めに乾杯』一井亮治

日本料理店で女三人が意中の男を出し抜かれたと愚痴っている。他方、隣の会席でテレビ番組の脚本チームの二人が連載の構想について話し合っている。そんな折に出された箸休めに口の中を一旦さっぱりさせ主題となる料理を引き立てる役割がある事を知り、それぞれがそこに共通点を見出すのだった。

この作品の全文を読む

『墓掃除』かぶらのたいたん

年に一度の墓掃除。
墓石から玉砂利まで、苔一つ残さずきれいに掃除する。

この作品の全文を読む

7月期優秀作品

『カド爺』夜桜 酒造

イタズラばかりしていた夏休みの僕たち。101号室に住む爺さんからは怒られてばかりだった。30年ぶりに訪れた公園で見たものは・・・。

この作品の全文を読む

『ヤッパ風呂が好き』広瀬厚氏

全自動洗体機なるものが開発され、発売と同時に大ヒット商品となった。風呂のないボロアパートにひとり暮らしていた石川五郎は、ある時会社で新人のOL達が自分のことを、臭い汚いと立ち話しているのを耳にした。それにショックを受けた彼は全自動洗体機の完備されたワンルームマンションへ引越した。

この作品の全文を読む

『我が家のお掃除大作戦』萩野燕

東京から地元へと単身赴任で戻る『僕』を待っていたのは、妻と息子の武史と、小さな小さな新しい家族だった。命を育てる不安、思いがけなく始まるお掃除大作戦。たった週週間の出来事が息子を、そして『僕』を変えた。

この作品の全文を読む

『球と台とヤスリ』室市雅則

私は朽ち果てそうな物置で薄汚れた球を見つけた。それを見ていると不思議なことに磨かずにはいられなくなってしまう。磨くと綺麗になるのだけど、球は数日後にはまた薄汚れている。再び磨く。また汚れる。また磨くを繰り返す。

この作品の全文を読む

『夕立がゲリラ降雨に変わっても』春野 伊吹

祖母の初盆と一周忌が迫っている。生前の祖母の姿がよみがえる。住まいや生き方、自然環境さえ変わっていく中で、変わらない日本の「キレイ」はどこにあるのか。「キレイ」が発現する様子を、傍観者として、また、自分の中にも見出した一時の姿を表現した一遍。

この作品の全文を読む

『箒』九(いちじく)

妊娠の報告をするため、実家に帰省した林山サトミ。新しい命を授かったことへの喜びがある一方、初めての妊娠に不安を感じている。その不安を母に伝えた次の日、目覚めると足元の壁に逆さまにした箒が立てられていた。それは、無口な父からのプレゼントだった。

この作品の全文を読む

ページトップへ戻る