トップ > 業務用・プロ用製品 > 業務用ケミカル > 学校メンテナンス > お掃除のヒント

お掃除のヒント

洗剤希釈のしかた

洗剤は濃すぎても薄すぎてもいけません。決められた希釈倍率を守って作業を行ってください。希釈方法は、以下の通りです。

◆例えば50倍に希釈する場合◆
洗剤1に対して水49の割合で混ぜ合わせます。
5リットルの洗剤を作る場合は、洗剤100ccをバケツに入れ、水を5リットルの所まで入れると、ちょうど50倍希釈になります。

吸水バキュームが無い場合の汚水回収のしかた

汚水を回収する方法はいくつかありますが、効率のより回収をするにはやはり吸水バキューム(ウエットバキューム)を使用するべきですが、これらが無い場合には道具を用いて作業すると効率よく回収することができます。

道具は、スクィージーまたはフロアドライヤー、フロアワイパーなどの名称で呼ばれるゴムへらのついたもので、自動車のワイパーと同じように水をかき取る道具です。これと文化ちりとりや鉄道ちりとりなどを用いることで、汚水を回収します。(清掃のプロが行っている方法です)


  • (1)矢印の様に手前に引くようにして汚水をかき取ります。

  • (2)手前に引き寄せた後、ほんの少し前に叩きつけるようにしてから、次の位置へ移動します。

  • (3)汚水をあらかじめ1ヶ所に集め、右端から文化ちりとりに入れていきます。文化ちりとりは汚水が入ると同時にちりとりの口を持ち上げます。

  • (4)次の列に移ってスクィージーで汚水を足下に引き寄せます。引き寄せた汚水を文化ちりとりですくい上げ、これを繰り返しながら汚水を回収します。

モップの洗い方・絞り方


  • (1)流水中でモップを流しの底につて、軽く上下させて汚れを流します。

  • (2)モップを中心付近から左右へ分けます。

  • (3)左右へ分けたモップを両手で持ち、両手の親指を内側へ押し込む様な感じで絞ります
    <矢印の向きに絞る>

※以上(1)~(3)を数度繰り返して、絞ったときに出る水がきれいになったら、(3)の作業を繰り返して充分に絞ります。
また、モップを素手で絞る場合は、モップの糸の中に鋭利なモノが入っていないか確認してから行ってください。

水拭きのしかた

水拭きを3回するなど回数を指定した作業がありますが、教室など全ての水拭きを終える事を1回とした場合には、これを3回行うと非常に非効率的です。 効率の良い水拭きの仕方は、連続した流れの中で指定回数の水拭きを行う方法です。

1番目が水拭きを始めます。2番目、3番目はそのまま待機しています。

1番目の後を追うようにして2番目が水拭きを始めます。3番目はそのまま待機しています。

1番目・2番目の後を追うようにして3番目が水拭きを始めます。
 1番目の人は1回目の水拭き
 2番目の人は2回目の水拭き
 3番目の人は3回目の水拭き
この様な流れになります。

1番目のモップが汚れてきたら2番目のモップを一番目の人が使い、3番目のモップを2番目の人が使います。3番目の人は新しいモップを使います。1番目が使っていたモップは、洗いに回します。
モップ交換の目安は10~20m2毎です。教室の場合には、1/3程度拭いたら交換します。

以上、3番目が一通り水拭きを終わるまで、上記の手順を繰り返し行います。
モップは汚れたまま使用すると、水拭きの意味が無くなりますので、早めに交換するよう心がけてください。

ページトップへ戻る