トップ > 家庭用製品 > ワックス > ワックス用具 > オールワックスワイパーEX
  • ワックス
  • ワックス用具

オールワックスワイパーEX

ワックスがけも、立って塗る時代!
ワックスがけ専用に開発された、フローリングワイパー

  • オールワックスワイパーEX

    本体

オンラインショップ

  • ピカピカショップ本店で購入
  • 楽天ショップで購入

特長

ワックスをキレイに塗るために開発されたワイパーです

ワックスをキレイに塗るために開発されたワイパーです

ワックスがけを楽しく!インテリアにも合うカラーのワイパーです

ワックスがけ専用に設計されたワイパーだから、広いリビングもラクラク!


  • 部屋に置いても、インテリアの
    邪魔にならないカワイイデザイン!

  • 立ったままラクラクワックスがけ!
    普段のふきそうじと同じ感覚!

普段のおそうじにも使えます

ワイパーヘッドのサイズは各社共通サイズですので、市販のドライシート・ウェットシートなども使用できます。

製品概要

オールワックスワイパーEX
品名 [オールワックスワイパーEX]住宅用掃除道具
[オールワックスワイパー 専用シート]住宅用掃除シート
[オールワックスワイパー 専用トレイ]住宅用掃除道具
材質

[オールワックスワイパーEX]
グリップ部分…ポリプロピレン、ポリアセタール
柄(パイプ)…アルミニウム、ポリアセタール
ヘッド…ABS樹脂、EVA樹脂、ポリウレタン

[オールワックスワイパー 専用シート]
ポリプロピレン、パルプ

[オールワックスワイパー トレイ]
PET

サイズ オールワックスワイパー 専用シート オールワックスワイパー 専用トレイ
約260mm×約220mm 約285mm×約135mm
枚数・個数 3枚 1個

用途

フローリング床(樹脂塗装された木製の床)、ビニール製の床

床材の種類について

使い方

<ワイパーの組み立て方>
パイプのラインとジョイント部のボタンの向きを合わせて順に差し込みます。全てのグリップ、パイプ、ヘッドが抜けないことを確認してください

<取り外し方>
ジョイント部のボタンをしっかり押したまま引き抜きます。

<ワックスの塗り方>
※別売の樹脂ワックスの用途、使用方法、使用上の注意をよく読んでからお使いください。

<ワックスを塗る前に>

  1. オール床クリーナー(別売)」等の床用洗剤で汚れや油分等を拭き取ります。必ず水拭きをして床の洗剤分を取り除き、よく乾かします。
  2. 付属の専用シートの凹凸面を下に向けて広げてワイパーをシートの中央に置いて取り付けます。4ヵ所の差し込み口に押し込んでシートをとめてください。
  3. 付属の専用トレイ(透明)にワックスを入れます。底面の突起が隠れる程度が目安です。
    ※床に直接まかないでください。トレイに出してお使いください。
  4. シートを付けた状態のワイパーをトレイに入れます。ワックスを充分に染み込ませてください。
  5. ゴシゴシこすらず床面を軽くすべらせるようにお使いください。フローリング床の場合は、板目にそって塗っていきます。液がかすれてきたり、床面が重たくなってきたら2と3を繰り返し行ってください。塗布した床面を歩かないように塗ります。シートは1枚で約30畳の広さを塗布できます。
  6. 床面を完全に乾かします。
  7. 使い終わったシートはすぐに捨ててください。
    ※使用したワイパーやトレイは、すぐに水洗いをし、よく乾かしてから保管してください。

使用上の注意

  • 用途以外に使用しない
  • 子供の手の届くところに置かない
  • グリップ・柄・ヘッドのジョイント部がしっかりはまっているのを確認してから使用する
  • シートを取り付ける時、差込口に指を深く押し込みすぎると指をはさむおそれがある
  • ワイパーで床面を強く押し付けずすべらせるように使用する。必要以上の力で押し付けると破損の原因になる
  • 破損のおそれがあるので本体に強い衝撃を加えない
  • シートは水に溶けないので、トイレ等には流さない

<ワックスを塗る時の注意>

  • ワックスをかける場合、専用のシートやモップ以外使用しない
  • 樹脂ワックス以外のワックスと一緒に使わない
  • 使用する樹脂ワックスの用途、使用方法をよく読んでから使う
  • 床の材質により質感の変化や密着しないものがあるので、必ず目立たない所で試してから使う
  • 砂利やゴミが付着したシートでワックスを塗ると床面を傷つけたりムラになることがある
  • 換気をよくして使う
  • ワックスを染み込ませたシートを長時間直接床の上に置いたままにしない
  • 床暖房は電源を切り床面が冷めてから使う
  • ワックスが乾くまで床暖房を使用しない
  • 家具や建具には使わない
  • 使用後は手をよく洗いクリーム等でお手入れをする
ページトップへ戻る
製品ナビ